捨てちゃうなんてもったいない!

ワン・シーズンでダメにしないための正しいサンダルお手入れ法

2008.07.10 THU

先日一目ぼれして、○万円のサンダル買っちゃった! 高いモノだしなんとか来年も履きたいけど、毎年ワン・シーズンでダメにしちゃう私…。日頃のお手入れで、長持ちさせることはできないの?

「サンダルを買ったらすぐ、靴修理店でつま先側・前半分の靴底をゴム素材で補強しては? 靴自体の底がすり減るのを防ぎ、滑り止め効果もあります。中敷きは汚れやすいので、上からもう1枚貼りましょう。汚れるたびに交換するだけですみますよ。また、雨の日だけでなく毎回防水スプレーを吹き付けましょう。汚れからも守ってくれるので、履いた後のお手入れも簡単に」と教えてくれたのは、靴の修理店ミスターミニットの増田さん。

買ってすぐ補強するとは、目からウロコ! じゃあ、履いた後にすることは?

「ブラシでホコリを払い、クリーナーを付けた柔らかい布で磨きます。簡単にツヤ出しできるスポンジで仕上げますが、古いストッキングでも代用できます」(同)

ヒールの底がはがれる、靴の一部が破れるなど不慮の事故が起こった場合は、プロの修理店に任せるのがベター。ムリに自分で直そうとすると、結果的にサンダルをダメにしてしまう場合もあるそうなので気をつけて。

「また、シーズンオフに収納する際も陰干しは忘れずに。サンダルに湿気が残っていると、カビの原因になります。除湿機能のあるシューキーパーで形を整えたら、買ったときの箱に入れ、風通しのいい場所で保管しましょう」(同)

これだけ丁寧にお手入れすれば、ワン・シーズンで履き潰すこともなくなりそう。頑張ろっと♪

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト