むくみ解消、小顔になるなど…

リンパマッサージが効くというけどそもそも「リンパ」ってどんなもの?

2008.07.24 THU

“リンパマッサージでむくみ解消や小顔になれる”ってよく聞くけど、そもそもリンパって何なんでしょうか? リンパ循環を専門とする広田内科クリニック院長の廣田彰男先生、教えてください!

「リンパ管は静脈の働きをサポートする役割を持っています。酸素や栄養分を運んで動脈を流れた血液は、90%が静脈を通って心臓に戻り、残りの10%がリンパ管を通ります。静脈で浄化しきれなかった余分な水や脂肪、菌をリンパ節というろ過装置で浄化するのです」

リンパには、血液の一部が流れているんですね。これが滞ると、むくみに?

「リンパ節の働きが悪くなると皮下組織には様々な悪影響が出てきます。水が残ればむくみ、脂肪が残れば太り、菌が残れば炎症を起こすことになります」(同)

ではその、リンパの流れを良くするのがリンパマッサージなんですか?

「そうですね。しかし、リンパの働きはあくまでも補助的なもの。むくみ知らずになるには、90%の血液が流れる静脈の流れをスムーズにするのが大切。ですが、静脈が処理しきれなかった分を処理するリンパの仕組みが十分に働けばむくみは軽減します。まずはリンパが集中する首の付け根。次に体中のリンパが合流する胸管は、背骨に沿って深いところにあるので、深呼吸で刺激します。そして、足の付け根をもみほぐしましょう」(同)

ということは、リンパマッサージを続けていれば、むくみ知らずの体が手に入るのね!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト