水着の季節だからこそ気になる…

あなたは「でっ尻」「たれ尻」「扁平尻」?おしりを美しく鍛える方法を教えて!

2008.07.31 THU

水着にミニスカートに、何かと露出の増える夏。そうなると、おしりの形もけっこう気になってきますよね。プリッと上を向いた美尻が理想だけど、そのためにはどうすればいいの? レッグ・コンシャリストとして多くの女性の脚と骨盤を矯正してきた斉藤美恵子先生、教えてください!

「きれいなおしりを作る秘訣は、骨盤と筋肉。骨盤がずれたり開いたりしていると、おしりの形にも影響が出ます。骨盤を整えた後に、ずれやすい骨盤をしかるべき場所に固定させるための筋肉を鍛える。それが重要です」

一生懸命おしりの筋肉を鍛えるだけじゃだめだったんですね…。じゃあ、具体的にはどうすれば?

「おしりの形が崩れる原因は、足を組んだりすることで、骨盤がずれることや、運動不足により、リンパや血液の流れが滞り筋肉や脂肪が冷えて固まってしまうことなどです。エクササイズはもちろん大切ですが、その前に、冷房などで腰回りが冷えないようにひざかけをかけたり、足を組まずにひざとかかとをまっすぐつけて座るように意識をするなどの、生活面での基本的なことをまずは改善していってください」

体が冷えたままだと筋肉が固まっているので、せっかくストレッチをしてもなかなか効果がでないそう。ちなみに、おしりのふくらみの終わりが、太ももの一番太いところより下に来ているとNG! 下記(※L25本誌では下に図が表示されています。)のエクササイズを参考に、美尻目指してがんばりましょう!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト