いったいいつになったら大統領が決まるの?

実はこれから先が正念場!アメリカ大統領選、後半の流れをおさらい

2008.08.28 THU

日本の総理大臣が決まるプロセスと比較すると、期間が長く、理解しにくいアメリカ大統領選。前半戦とこれからの流れを整理すると、バラク・オバマ候補がヒラリー・クリントン候補に勝利したのは6月のこと。しかし2人の戦いはあくまで民主党内での指名争いで、彼と共和党ジョン・マケイン候補の戦いはこれからが本番だ。8・9月の党全国大会で副大統領決定後、いよいよ本選挙がスタート。11月4日の一般投票で有権者代表の“大統領選挙人”を選出し、12月15日にはその大統領選挙人による本投票が行われる。そしてようやく来年1月20日に新大統領就任となる。とはいえ実質的に新大統領が決まるのは、11月4日の一般投票。さて大統領の座はどちらに?


注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト