女子のお洗濯の必需品です

フカフカ手ざわり&良い香り!柔軟剤の正しい使い方

2008.09.04 THU

柔軟剤で仕上げた洗濯物は、香りが良くて手触りフカフカ。でも、柔軟剤の使い方って実はよくわからないかも…。そこで、柔軟剤の正しい使い方を、洗濯のプロ「ジョイベック洗濯塾」の塾長に教えてもらいました!

「柔軟剤はすすぎの水がキレイになった段階で入れ、そのまま脱水して干すのが正解。全自動洗濯機なら、洗剤を入れるのと同じタイミングで柔軟剤投入口にセットしておくだけで、仕上げの段階で自動投入してくれます」(同)

なるほど、それは便利。どれくらい入れればいいんでしょうか?

「水30Lに対し10MLが目安。しっかり香り付けしたいなら、もう少し多くてもいいでしょう。手洗いの場合は、これを目安に水量によって調節してください。衣服に直接振りかけるとシミになる場合があるので、柔軟剤を溶かした水に衣服を入れるという順序で。商品によって使用量が違うので、まずは表示を確認」(同)

了解しました! 最近は柔軟剤も種類が多くて迷います。選ぶポイントって?

「どの柔軟剤も衣類の肌触りを良く、やわらかく仕上げてくれますが、最近は汗やタバコなどのニオイが衣服に付くのを防ぐものや、部屋干しのニオイを防ぐ抗菌効果、洗濯時の衣服の絡みやシワの軽減、色あせ防止など、プラスアルファの効果も。まずは効果をチェックし、それから好みの香りを選んでは?」(同)

気分で香りを使い分ければ、お洗濯が楽しくなりそう!

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト