彼氏とお泊まり。でも…夜が来るのがコワイ!?

せめてみっともない姿は避けたい寝姿を美しくする方法ってあるの?

2008.09.11 THU

彼氏とのお泊まりの夜。半目に大口開き、布団を強烈キック…そんな姿を見られたら一生お嫁に行けな~い(涙)。将来のためにも、人形のような美しい寝姿に矯正する方法はありませんか、先生。

「はっきり申し上げると…これといった矯正方法はありません」(ロフテー快眠スタジオ・睡眠改善インストラクター山尾碧さん)。ってそんな~。

「睡眠は、脳が休息をとっている無意識の領域。だから意識的にどうにかできるものではないんです。目や口が開くのも筋肉が緩むせい。だから寝姿が乱れるのは、正直やむを得ません」(同)

そもそも寝相の悪さの原因って?

「考えられるのは、体のどこかに痛みがあるなどの身体的要因、枕などの寝具が合わない物理的要因、気温や湿度が高かったり低かったりする環境要因などが挙げられます。だからそれらを改善すれば、寝相がよくなる可能性もありますよ。そもそも寝返りなど、寝ている時に体が動く方が健康的と言えます。『寝相の悪い子どもの方が発達がいい』とも言われるぐらいですから。だから寝姿を無理に矯正しようとすると、睡眠の質が落ちてしまいます。美しいかどうかはさておき、どんな格好でも、その人が本当にリラックスできる形こそが“理想の寝姿”なんですよ」(同)

身体の具合や寝具との相性を見直す。それがダメなら、彼氏にありのままの自分を受け入れてもらう努力をする! …それが最大の解決法かも。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト