パスタ、ふりかけ、カット野菜…

値上げ続きで節約モードですが…そんな今、売れている商品とは?

2008.09.18 THU

値上げが続き、すっかり節約モード。そんななか、いま売り上げの好調な商品があるというニュースを発見! いったいどんなものが売れているの? 大手スーパー、イオン広報部に聞いてみると…。

「湯せんやレンジで温めるご飯、パスタ、お茶漬けの素、ふりかけは、昨年の売り上げを上回っています。4分の1などの食べ切りサイズの野菜も好調ですよ。これらは目に付きやすく陳列するなど、イオンとしても力を入れて売っています」

でも、力を入れているから売れてるってことなの? ファイナンシャルプランナーの田辺南香さん、教えて!

「売る側は“消費者の心理”を読んで陳列を考えます。ですから、値上がりの状況下でも売れそうな商品をアピールして、陳列の仕方も変わったはずですよ」

その“消費者の心理”って何ですか?

「節約のために外食の頻度が減り、家での食事が増えています。それを踏まえて先ほどの商品を見ると、3つの“心理”が読み取れます。まず、レトルトのご飯やパスタを買うのは、『手間とコストをかけずに食事をしたい』。お茶漬けの素やふりかけの場合は、『パンの値上がりで食べる回数が増えたご飯のバリエーションをつけたい』。カット野菜は、『1回の支払いを減らしたい』という心理です」(同)

丸ごと買っても使い切れず、結果的に損なことも…。「そうして売れれば、よりスーパーも力を入れる。相乗効果なんです」と田辺さん。何だか、陳列棚の見方が変わりそうです。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト