正しいケアとチェックの方法は?

いつもと違うと感じたら要注意!意外と知らない“おりもの”の基本

2008.09.18 THU

私のおりものってほかの人と違うかも。なんておりものについて密かに悩んでいる女子は意外と多いそう。友人には聞きづらいし、親に相談するのもちょっと…。こんな時はどうしたらいいの?

「量や形状、においなどは個人差があるので、他人と比較しても病気かどうかの判断基準になりません。気になる症状がある場合は、産婦人科医に相談しましょう」とは、女性のための生涯医療センターViVi(www.genkiplaza.or.jp/)所長の小田瑞恵先生。そもそもおりものって?

「子宮頸部や子宮内膜、膣などの女性性器から出る分泌物のこと。精子を受け入れやすいように子宮の入り口や膣の粘膜を潤したり、雑菌から膣を守るための働きを助けます。卵巣から分泌される女性ホルモンの作用を受けるため、月経周期によって分泌量が変化し、分泌されやすい排卵日前におりものの量が増える若い方が多いようです」(同)

健康な女性のおりものは乳白色で酸っぱいにおい。外陰部をビデやトイレ洗浄器で洗い過ぎるのは危険。炎症を引き起こし、おりものが増える原因になってしまうそう。「今まで見たことがない膿のようなもの、白いカッテージチーズのようなパサパサしたもの、量が増えて悪臭を伴うもの、外陰部の腫れ、かゆみ、痛みなどの症状に当てはまる人は要注意」(同)。病気が隠れている場合もあるそう。心配な人は病院へ。自分の正常な量や状態を教わると、異変に気が付きやすくなりますよ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト