どれくらいの値段? どうやって選べばいい?

大人の女性なら用意しておきたいブラックフォーマルのルールと揃え方

2008.10.16 THU

突然の訃報。ブラックフォーマルがなくてオロオロ…なんて経験、ありません? 喪服って、買うタイミングを逃しがちだけど、そろそろ1着は用意しておきたい。でも、一体どんなものを選べばいいの? 『わかりやすい冠婚葬祭マナー大事典』の著者、岩下宣子さん教えて!

「葬儀の席では、華やかな印象を与えないのがルールです。たとえ黒でも、光沢のあるものや胸元が開き過ぎたデザインはNG。なるべく、肌の露出は避け、ひじとひざが隠れる丈を選びましょう。アクセサリーは、涙を表すとされる真珠以外は基本的にはずします。二連のネックレスは『不幸が重なる』という意味合いが含まれるため、必ず一連のパールネックレスを選んでくださいね」

なるほど~。いろんな決まりごとがあるのね。あと、ブラックフォーマルを“一式”揃えるとなると、何が必要なの?

「一番格式の高い“正喪服”は、黒いワンピースなどのドレスにストッキング、ベール付きの帽子、手袋、パンプス、布製のバッグ、パールのネックレスとされています。ただ、日本では帽子や手袋はスタイリッシュな印象が強いため、それを除いた“準喪服”が一般的。右下(※L25本誌では右下に写真が表示されています。)のようなスーツやアンサンブルも準喪服に含まれます。ちなみに、お通夜や三回忌以降の法要には、紺やグレーなど地味な色の“略喪服”で参列しても失礼ではありません」

L25世代のブラックフォーマルの相場は4万~8万円。ただ、デパートなどで行われる即売会なら、質のいいものを安く見つけられることも。いざという時に慌てないよう、準備しておくのが大人のマナーかもね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト