映画『レッドクリフ PartI』も公開!

登場人物はなんと1000人以上…なぜ男子は“三国志”が好きなの?

2008.10.30 THU

11月1日から三国志を題材にした映画『レッドクリフ PartI』が公開されます。過去にも小説をはじめ、ゲームや漫画など、繰り返しコンテンツ化され、特に男性には絶大な人気を誇る「三国志」ですが、男心に響くその魅力とは!?

「三国志の舞台は、約1800年前の中国。魏・呉・蜀の三国が覇権をかけて争い、1000人以上の登場人物、何十万という兵隊を率いての戦いなど、そのスケールの大きさが醍醐味です。武将たちもそれぞれ強烈な個性があり、魅力的。様々な駆け引きの中で彼らがいかにのし上がっていくかがとても面白い。サラリーマンの出世物語になぞらえて自分を重ね、憧れや共感を抱く人も多いですね。義理と人情の狭間で悲運の最期を遂げるキャラがいるなど浪花節的な部分があるのも日本人の心の琴線に触れるのでは」(コミック三国志マガジン・伊藤誠編集長)

飲み会などで三国志の話題になったとき、男性に一目置かれるポイントがあったら知りたいのですが…?

「三国志に興味を持ってくれているだけでOK。僕だったら『横山光輝の三国志全60巻持ってます』なんて女の子がいたらそれだけで好きになっちゃいそう(笑)。知ったかぶりせず、『なぜあのとき××は△△に攻め入ったの?』など、素直に疑問に思ったところを尋ねて、相手にたっぷり語らせてあげてください。絶対に喜ばれます」(同・遠藤雅己さん)

これは気になる人へのアプローチ法としても使えそう…!?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト