料理研究家の森崎友紀さんに聞きました

かたち、素材、デザインなど…機能的でカワイイエプロンとは?

2008.10.30 THU

腰から下だけのギャルソンエプロンやチュニック、キャミソールタイプなど、エプロンの種類は様々。でも本当に必要なエプロンの機能って? 30種類以上のエプロンを持つ、料理研究家の森崎友紀さんに聞きました。「炊事をする場合には、やはり胸当てのあるエプロンがいいですね。首の後ろでひもをしばるホルターネックは、肩ひもがズレ落ちることもなく、かがんでも胸元がスッキリしているのでいいですよ」。オススメは、「Jessie Steel」「Kitsch'n Glam」。海外ドラマで話題のブランドだ。「胸元に切り替えのあるデザインなら、スタイルだってよく見えますよ」(同)。エプロンは“家庭的でスタイルのいい女性”を演出する、いいアイテムかも?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト