11月20日にボジョレーが解禁されますが…

ドイツから「畑だより」も届くぶどうの樹のオーナーとは?

2008.11.06 THU

ボジョレーの解禁とともにワインが気になるこの時期。店で楽しむのもいいけど、オリジナルワインを家で味わえたら素敵じゃない? そんな夢を叶えてくれるのが“ぶどうの樹3本のオーナー”。「ドイツのぶどう畑のオーナーになっていただければ、そのぶどうで造ったワインをご自宅にお届けします」とは企画したヘレンベルガー・ホーフ(www.tia-net.com/h-hof/)の岡本圭司さん。今までの実績によると、1年間で約5~6本は届くのだそう。辛口ワインの醸造を手掛けてくれるのはドイツワイン界で名高いベンハルト・フーバー氏。巨匠が精魂込めて作ったワインで乾杯! なんてプチセレブ感が味わえそうです♪


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト