ストレス? 歯並び??

実は約8割の人がやっている!“歯ぎしり”の原因と対処法

2008.11.20 THU

寝ている間に知らず知らずのうちにやっている“歯ぎしり”。自覚できないため、友人や彼とお泊まりした時の一番の心配事…という人も多いはず。どうして歯ぎしりをしてしまうの? 「脳にたまった精神的なストレスや噛み合わせの悪さが原因として考えられます。普通に噛む力の5~10倍の力がかかっており、歯のすり減りや、あごや歯に過剰な力がかかることによる頭痛や肩こりなどの症状が出る人も。それらの症状が出ているなら、すぐ歯科医に相談を。歯形に合わせたマウスピースを作れば、歯が当たる音や歯のすり減り、過剰に噛む力が抑えられます」(南青山デンタルクリニック・青山健一院長)。寝起きに下記(※L25本誌では下にイラストが表示されています。)の症状がある人は要注意かも!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト