欧州ではどこの家庭でも飾るらしい

クリスマスツリーといえばモミの木その起源は中世ヨーロッパにあった

2008.11.27 THU

街のあちこちに飾り付けられたツリー。ツリーといえばモミの木ですが、その起源は? 『クリスマスの起源』の訳者、一橋大学の土岐健治教授によれば、「欧州には、もともと家にモミの木を飾る習慣があり、とても身近な木でした」とのこと。モミの木にはヒーリング効果があるといわれ、魔除けとして飾っていたとか。「中世の記録によると、教会ではクリスマスに『失楽園』の劇を演じました。リンゴを食べたアダムとイブが楽園を追われ、キリストによって救われる物語ですが、リンゴの木は冬に落葉してしまいます。そこでかわりに常緑のモミの木を使い、リンゴを飾ったのです」。そうか、ツリーの赤い玉のルーツはリンゴだったんですね!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト