飲んで帰ったときなどにうっかり忘れがち…

メイクを落とさずに寝ると肌にどのような影響があるの?

2008.12.11 THU

飲んで帰ったときなど、メイクを落とさず寝てしまうってことよくありません? そもそもメイクを落とさずに寝てしまったら肌にどんな影響があるの?

「メイクを落とさずに寝てしまうと、化粧品の油分が酸化して過酸化脂質に変わり、肌の老化や肌荒れの原因になります。そして、メイクを落としていないということは洗顔していないということなので、余分な皮脂も落としていないことになり、皮脂が毛穴に詰まってにきびの原因に。さらに、ファンデーションなどの粉が寝ている間にも肌の潤いを奪い続けます」と教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座の吉木伸子院長。

うっかりメイクをしたまま寝てしまったときの対処法は?

「メイクを落として寝ることが一番ですが、うっかりしてしまったときはその後のお手入れがとても重要になります。まずは起きたらすぐに洗うこと。そして、美容液などで十分に保湿して。それでも乾燥が激しいときは、応急処置として保湿パックをすることをおすすめします。もちろん、肌が荒れるのはメイクだけではなく寝不足の影響も大きいので、たっぷり良い睡眠をとることも気をつけましょう。ちなみに、メイクを落とさず寝てしまって、メイクの色素が沈着してシミになるというのは俗説です」

どうしても洗顔できないときには、簡単なタイプのクレンジングもあるので、面倒でも化粧を落として寝るべし! ですね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト