一時1米ドル90円をきったけど

これ以上の円高を回避するため国は今どんな政策をとるべき?

2009.01.22 THU

アメリカ経済不振を受けて深刻な円高が進んでいる昨今。この円高、いったいいつまで続くの?

「現在の円高はサブプライムローンの問題をきっかけにしたアメリカ金融危機を受けての円高なので、09年いっぱいは改善の見通しがたたないと思います。アメリカの経済状態が回復しない限り、円高の基調は続くでしょう。1米ドル80円ぐらいが、ひとつのめどになってくるのではないでしょうか」(明治大学政治経済学部 高木勝教授)

円高のため輸出大国である日本経済は大打撃。政府の具体的な円高政策を教えて。

「まずは、アメリカがゼロ金利政策を取ったので、日本も金利を下げて(現在0.1%)、日本にお金が集まってくることを防ぐ必要があります。お金は金利が高い方に流れますし、当たり前ですが人気が高いものの価格は上がりますから。また、日本銀行による為替介入。円を売ってドルを買い、ドルの価値を上げます」(同)

さらに、輸出に頼れないのなら、国内の需要(内需)の拡大が大切なんだそう。

「具体例を挙げると、個人消費を高める努力を国が行う必要があります。個人減税もその一環です。ほかには、住宅投資を活発にする、公共事業を増やすなど、輸出の打撃を別の形で補うべきです」(同)

的確なタイミングで、タイムリーに政策を打ち出せれば、円高回避につながりそう。今こそ、首相の手腕が問われているとき。麻生政権に期待したいものですが…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト