新ドラマが続々スタート!

テレビ雑誌編集長に聞いた今期の注目ドラマと見どころは?

2009.01.22 THU

1月開始の“冬ドラ”がスタート。みなさんもうチェックしましたか? 忙しくて見逃してしまった! という人も大丈夫。ハズレなしのイチオシを『週刊ザテレビジョン』の藤田薫編集長に伺いました。

「一番のおススメは、山田太一が12年ぶりに連ドラの脚本を手がける『ありふれた奇跡』(フジテレビ)。昨シーズンの倉本聰脚本の『風のガーデン』に続き、“生きる”ことをテーマにした作品。心に傷を抱えた男女とそれぞれの家族の姿を描く人間ドラマです。恋愛ドラマなら玉木宏や香里奈など人気俳優が共演する『ラブシャッフル』(TBS)。恋人交換がテーマですが、ストーリーは“イマドキの”恋愛ものではなくけっこうディープ。複雑な人間関係から個々の抱えている深い悩みが浮き彫りになっていく…という野島伸司脚本らしい“濃い”展開が期待できそうです。あとは松山ケンイチ主演の『銭ゲバ』(日本テレビ)も注目。不幸な生い立ちから金のためなら手段を選ばないという役柄を松ケンがどう演じるのかが見どころですね。今期は脚本をつくりこんだ“大人のドラマ”が目立ちます。不況の時代だからこそ、華やかさをウリにするより地に足のついた内容のものが求められているんでしょうね」

冬は出歩くよりも家でくつろぎたいという人が増える時期なので、視聴率が高くなりやすいとか。それだけに幅広い世代にじっくり見てもらえる作品も多いそうです。冬はお家でぬくぬくドラマ三昧してみませんか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト