消費税UPは時間の問題かも…

収入の半分は借金だった!?日本の“ギリギリ”なお財布事情

2009.01.29 THU

連日、通常国会で審議されている2009年度予算案。その額88兆5480億円(一般会計)とさすがにデカい! しかし政府案を見ると、88兆円超の歳出(支出)に対し、メインの歳入(収入)である「税収」は46兆円程度。それって少なくね!? 残り42兆円は何で補うの?

「税収以外の歳入の大部分は、国債の発行によってまかなわれます。つまり借金ですね。額は33兆2940億円。これを個人の家庭に置き換えると、年収461万円の家庭が1年間に885万円も使ってしまうために、赤字分のうち約333万円を借金する…というイメージでしょうか」(ジャーナリストの池上彰さん)

借金の額がそんなに多いとは!? それでなくても景気悪化で企業の収益が落ち、納税額が減る見込み。そこで09年度は“埋蔵金”と呼ばれる「特別会計積立金」が流用されることに。でもそもそもこの“埋蔵金”は、そんなふうに使ってもいいお金なのだろうか?

「本来であれば“埋蔵金”として余った分は、過去の借金の返済にあてることになっていました。しかし09年度はそれをせずに歳入として計上したわけです。個人の家庭で例えるなら、借金の返済用に貯めていた“へそくり”が見つかったので、借金返済に回さずに使ってしまおう、ということなのです」(同)

“埋蔵金”なんてロマンのある言葉だけど、本来の用途以外に使うことは新たに借金をするようなもの。日本のお財布は本当にギリギリなのだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト