ついついバタバタと歩いてしまう…

最近流行りのペタンコ靴で美しく歩くための方法は?

2009.02.12 THU

ムートンブーツやバレエシューズなど、ヒールがほとんどない靴を履いたときって、バタバタした歩き方になってしまいません? ペタンコ靴でも美しく歩く方法ってないのでしょうか?

「歩幅を大きくとって、ひざを曲げないように、足をかかとからしっかりと地面に落としたあと、小指から親指へと体重をかけていきます。その時、後ろ足はできるだけ残すように意識すると、より美しく見えます。また、手は、体の後ろ側に引くように振るのがポイントです。体の前方に手を振ったとき、ヒジがお腹より前に出ないくらいが理想的ですよ」

と、教えてくれたのは、ウォーキングスタイリストの龍岡まき.さん。

その時、姿勢はどのようにするのがいいのでしょう?

「やはり、胸を張り、首の後ろ側を斜め上に引っ張られているような感覚で姿勢を保つとキレイですよ。その際、手の親指を体側線(体の真横の線)に合わせるくらい、胸を思い切って張ってください」(同)

なるほど。ただ、龍岡さんいわく、「気をつけていただきたいポイントはいくつかあるのですが、いろいろと考えてしまうと逆に体がうまく動かなくなってしまいます。なので、まずは自分が360度見られているという意識を持って、美しく歩いている自分をイメージすることが大切ですよ」とのこと。気を抜きがちなペタンコ靴のときでも、美しく歩くことをきちんと意識することが大切みたい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト