緊張とリラックスの適度な切り替えが必要

なぜ気持ちが緩んだときに風邪をひく?「病は気から」の真相を探ってみた

2009.02.12 THU

昔から「病は気から」というけれど、医学的にも正しいこと? 「泣いたり、笑ったり、緊張したりすることで交感神経と副交感神経のバランスが変わり、免疫に影響をおよぼすのは事実。たとえば仕事が忙しいときは交感神経が活性化してウイルスに強い状態になっていますが、気を抜いた瞬間に副交感神経が働いて抵抗力が下がるため風邪をひくこともあります。ただ、どちらかの神経が働きっぱなしという状態はよくないので、緊張とリラックスを適度に切り替えることが重要。ですから、笑ったり、恋をしたりすることも免疫力アップにつながるんですよ」(埼玉医科大学免疫学教授・松下祥さん)。健康につながる“いい恋愛”…したいですねぇ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト