「趣味:カメラ」ってカッコイイ!

「デジタル一眼レフカメラ」と「コンパクトカメラ」の違いって?

2009.02.19 THU

昔はオジサンの趣味の代表格だったカメラだが、最近のブームの中心は女性。しかも使っているのは、デジタル一眼レフカメラ! でも一眼レフってカッコイイけど、どういうカメラなの? キヤノンマーケティングジャパン広報部の孫田貴行さんに聞いた。

「1つのレンズ(一眼)に入った光を、ファインダー(目視)とセンサー(撮影)両方に使うカメラを一眼レフカメラといいます。一眼レフカメラはレンズと本体を分離できる構造なので、レンズを換えることで様々な写真を撮ることができます。広角レンズなら広がりのある写真、望遠レンズなら遠くのものを大きく写した写真、といった感じですね。そのほか動くものに強い、背景のボケや色みがキレイといった点も含め、写真で表現できるバリエーションの多彩さがメリットです」

ではコンパクトカメラのメリットは?

「小さくて携帯しやすく、使いやすい点ですね。記念撮影などスナップ写真を撮るのが目的なら、コンパクトカメラでも十分でしょう。でも『もっとステキな写真を撮りたい!』と思うようになったら、一眼レフカメラにステップアップするといいのでは」(同)

最近のデジタル一眼レフカメラは、サイズも小さめで軽量、価格もコンパクトカメラと大差なく、使い方が簡単で初心者にも使いやすいため、女性の愛好者も多い。もちろん、いいカメラを手に入れれば即いい写真が撮れるわけではない。腕も磨くこともお忘れなく。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト