直接ハッキリ言うのがいい? それとも…

彼にひかれないですむ女性からのプロポーズ大作戦!

2009.03.05 THU

なかなか結婚を切り出してくれない彼。思い切って逆プロポーズしてみようと思うんだけど、なんて言ったらいいの…? 結婚情報誌『ゼクシィ』編集部の丸山央里絵さんに聞いてみました!

「普段カップルと接していると、『結婚してください』というストレートなプロポーズに憧れる女性が多いように感じます。さらに、まだまだ“プロポーズは男がするもの”と考えている男性が多いので、あまりダイレクトに“結婚”という言葉を使わず、『ゼクシィ買ってもいい?』『あのチャペルで挙げたいな』など、一応プロポーズなんだけど、その一歩手前…くらいにとどめるのがいいと思います。“結婚”という言葉で彼を追いつめることもなく、最終フレーズをとっておくことで改めて彼からプロポーズしてもらえる余地も残せますよ」

なるほど! つき合いの長さによって異なるポイントってありますか?

「つき合いが短いカップルは『私と一緒にいたら楽しいと思うよ』など、相手に明るい未来を想像させるフレーズを。お互いに結婚を意識し始める2~3年目のカップルなら『ダイヤのついた指輪が欲しいな』『あそこのブライダルフェア行きたいな』と、限りなく“結婚”に近いニュアンスで。マンネリカップルなら『私は来年の春ごろがいいな』『次は私たちの番だね』と、ある程度具体的な未来を想像させるフレーズが効果的です」(同)

さりげなく、かわいく言うのがポイントだそうですよ

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト