最近はスーパーでも見かけるようになったけど…

この春、山菜で旬が味わえる女に!下処理の方法とおいしい食べ方を教えて

2009.03.12 THU

春の訪れを感じさせてくれる山菜。でも、山菜ってそもそも何なの?

「山菜とは山野に自生している食用の野草のことを指し、そのほとんどは春に旬を迎えます。私もこの時期に採れる山菜はよく調理しますし、大好きですよ」と、教えてくれたのは、自作の野菜やご自身で採ってきた山菜などを使った料理を得意とする、料理研究家の植松良枝さん。

最近はスーパーでも山菜を見かけるけど、自宅で調理するのは下処理が大変そうなのですが…。

「そんなことありませんよ。なかには、下処理が大変な山菜もありますが、ほとんどは普通の野菜と同じ感覚で使えるんです。基本的に、生で食べる場合は酢水に浸け、揚げ物や炒め物など火を通して食べる場合はそのまま調理してしまって問題ありません。しかも山菜は野菜に比べて少量パックで売られているので、一人暮らしでも余らせることなく使い切れるのも魅力なんですよ」(同)

そんな山菜をおいしく食べるおすすめの調理法とは?

「やはりてんぷらにするのが一番だと思います。山菜のエグみは油と相性がいいので。その際、てんぷらの衣作りは卵を使用せず、小麦粉+水だけで作ると、軽めの衣に仕上がってよりおいしくいただけます」(同)

なるほど。ちなみに、スーパーで新鮮な山菜を選ぶコツは、黒ずんでいないものを選ぶことなのだそう。意外と簡単に調理できる山菜。植松さんに教えていただいた以下のレシピ(※L25本誌では下にレシピが表示されています。)で、さっそく春を味わいたいと思います!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト