相手がツッコミやすいひと言が大切!?

その後の会話がグーンと盛り上がる飲み会での上手な自己紹介を教えて!!

2009.03.26 THU

春は出会いの季節。お花見や歓迎会など、飲みの席で初対面の人と会う機会が増えますよね。そんな時、必ず求められるのが自己紹介。名前や職業など、ありきたりな内容になりがちだけど、気の利いたひと言が付け加えられれば、その後の会話のきっかけになる気がする! でも、何を言えばいいんだろう…。

「まずは、『8月生まれの夏子です』『日本で一番多い名字の佐藤です』などと名前にひと言添えてみるといいですよ。そうすることで、名前を覚えてもらえるだけでなく、『みんなと仲よくなりたい』という気持ちが相手に伝わるので、自己紹介後に話しかけやすくなります」(『大人力検定』などの著者・石原壮一郎さん)

なるほど~。これなら私にもできそう! ほかに付け加えるといいことは?

「出身地の話は、誰もが盛り上がれるのでオススメです。ただ、お国自慢をするよりも、『茨城、群馬と間違えられやすい栃木出身です』『新幹線は各駅停車の“こだま”しか止まりません』など、多少自虐的な方がツッコミやすいので、会話が盛り上がるかもしれませんね。あとは、『ゴルフを始めたので得意な人がいたら教えてください』と呼びかけるのもいいですよ。会社の飲み会では職場のネタ、合コンでは趣味の話など、状況で使い分けることも大切です(詳しくは下表参照※L25本誌では下に表が表示されています。)」

ちなみに、相手の自己紹介にはムリに共通点を見つけるよりも、「●●県にはいつごろまで住んでいたんですか?」「名所はどこですか?」など、「いつ、なに、どこ」といった“5W1H”の質問を心がけると話が広がるそう。今週末から実践します!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト