共感してもらいにくいのはなぜ…?

感動したポイントを上手に伝えたい“説明ベタ”を克服する方法

2009.06.11 THU

友達に大好きな海外ドラマのストーリーを説明したけれどイマイチ伝わってない…そんな経験ありませんか? 説明上手はビジネスでも欠かせないスキルですが、L25世代に説明ベタの人が増えているそうなんです。

「マニュアル化が進んだことが大きいと思います。飲食店でも料理名ではなく番号で注文できるような環境が伝える力を弱くさせているのではないでしょうか」(自己演出プロデューサー・鶴野充茂さん)

マニュアルではなく、自分の言葉で伝えようとすることで説明力が育つそう。今すぐ説明上手になるコツってあるの?

「説明上手になるコツは『導入』『他との違い』『最後のひと押し』という3つの要素を意識して話すこと。たとえば、最近観た映画の話なら最初に“感激したから見てほしい”とか“仕事に役立つと思う”などの一言を添え、相手がその話を聞く理由を明確にしてあげます。次にその映画のどの部分に感激したのか、『他との違い』を話す。人に話したくなる場合には、少なくとも3つぐらいの“気づき”があるはずです。女性は描写が得意なのでセリフや小道具、表情などディテールを伝えて作品の魅力を表現できると思います。そして、『最後のひと押し』。話の最後に“ぜひ観て感想を聞かせて”などの言葉を付け加え、相手が話を聞いてどう行動すればいいのかを意識づけすることで、印象に残る話になります」(同)

頭の中で内容を“箇条書き”しておくといいとか。すぐにやってみます!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト