日本の子ども人口率は主要31カ国中最下位!?

国や地方自治体が取り組む少子化対策の中身って?

2009.06.11 THU

「13.4%」―これは、日本の総人口に占める子どもの割合で、なんと35年連続で低下中! しかも、人口3000万人以上の31カ国のなかでは最下位だとか(国連人口統計年鑑より)。国や地方自治体は一体、どう少子化対策に取り組んでいるの? 家族社会学に詳しい山田昌弘教授に聞きました。「少子化対策は、出会いの場を作る『婚活』支援、出産や育児過程における『経済』支援、保育施設の充実などの『育児』支援の3段階があります。そもそも日本では、結婚しなければほぼ出産もありません。経済的な理由で結婚できない人を対象にした“雇用対策”が、少子化対策にもつながるんですよ」。子づくりは、愛! だけじゃなく、経済力も必要なのね…。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト