水気がなくなってきたら要注意!

実は体調のバロメーターだった!?色や粘度が変わる「鼻水」のナゾ

2009.08.27 THU

同じ風邪でも、ネバネバした鼻水が出るときと、サラサラした鼻水が出るときがあるような…。この違いって、やはり体の状態が関係しているのでしょうか? しらとり台耳鼻咽喉科の石塚洋一院長に聞いてみました。「そもそも健康な人は、鼻水があまり出ません。1日に1回鼻をかむ程度ですね。ですので、どんな鼻水でも量が多くなってきたときは、体の不調のサインと考えられます。鼻の粘膜は外界に接しているのでばい菌が入りやすく、症状が最初に現れやすいんですよ」。鼻水の特徴だけで病名は判断しづらいものの、色や粘度を見ることで病気の進行具合はある程度チェックできる様子(表参照※L25本誌、L25.jpには表や図が表示されています。)。“鼻をかんだら鼻水チェック”を習慣にしましょう!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト