「電気料金」などの公共料金から「コーヒー代」まで…

スマホ料金を抑えてのトップは?割高に感じるもの1位

2016.04.27 WED

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


1位を獲得してしまった「NHKの受信料」。利用料金は「地上契約」(地上放送のみ受信できるテレビ等の場合)で月額1310円(継続振込等)。人気番組もたくさんあるけれど…やっぱり高い?
写真提供/Rodrigo Reyes Marin/アフロ
首都圏の高速道路料金が、この4月から新料金へ移行。利用距離に応じた「距離別料金」になったことで、短い区間でも利用しやすくなる。今年は、電力自由化が開始され、電気料金の見直しが自ら行えるようになるなど、各業界は様々な打ち手でユーザーの利便性を追求している。一方で、日常生活において割高に感じることはまだまだある。そこで20~30代の男性会社員200人に、割高だと感じる料金についてアンケート調査を行った。

■割高に感じる料金TOP10
(1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 NHKの受信料 185pt
2位 スマホ・携帯電話の通信料金 169pt
3位 電気料金 130pt
4位 高速道路料金 123pt
5位 ガソリン 81pt
6位 飲食店でのお酒 78pt
7位 喫茶店のコーヒー 75pt
8位 駐車場代(都心部) 54pt
9位 プリンターのインクカートリッジ 51pt
10位 ガス料金 50pt

※番外
11位 テーマパークでの食事代 36pt
12位 映画の鑑賞料金 33pt

1位は「NHKの受信料」。3月に“徴収”にまつわる批判で期間限定サイトの開設が取りやめになるなど、支払いにまつわるニュースが時折報道される「受信料」問題。視聴者の多くが抱える「支払い義務」への不満が最も支持された。「スマホ・携帯電話の通信料金」は、総務省の要請により、利用料金の見直しへとつながったが、まだまだ満足いく料金にはなっていないようだ。では、それぞれの項目について、ユーザーの不満の声を拾ってみよう

【1位 NHKの受信料】
「ほとんど見る機会がないから」(28歳)
「見なくても支払わされるので」(30歳)
「今どき他にも沢山無料放送が色々ある中で有料強制とか納得出来ない」(36歳)
「視聴していない人からも料金を徴収しているにもかかわらず、他の有料テレビと変わらない金額だから」(37歳)

【2位 スマホ・携帯電話の通信料金】
「格安スマホなどと比べると今使っているものが高いから」(28歳)
「携帯代で1万円は普段の生活を考えるとかなりお金の比重をもっていて高すぎるとおもう」(35歳)
「そもそも原価が不明。それにCMが多すぎ。そんな予算があるなら顧客に還元すべき」(38歳)
「スマホにしてから高い」(39歳)
「基本使用料がやたらに高い」(39歳)

【3位 電気料金】
「高いの一言」(33歳)
「値上げしすぎ。もう少し身をきれ」(32歳)
「一番支払いが多いので」(34歳)
「電気代が値上がりし、家計への負担が大きくなった」(35歳)

【4位 高速道路料金】
「電車と比較しても時間がかかるし渋滞もあり得るのに高すぎる」(33歳)
「道路だけであの料金はおかしい」(35歳)
「たまにしか利用しないが高い」(36歳)
「ガソリン代と道路代の両方はきつい」(36歳)

【5位 ガソリン】
「基本使うものだから、もう少しやすくしてほしい」(33歳)
「昔はもっと安かったから」(37歳)
「ガソリン税に消費税がかかる二重税制を止めて欲しい」(39歳)

【6位 飲食店でのお酒】
「原価がやすいイメージがあるので」(26歳)
「居酒屋は基本的に高すぎる。みんなお酒をガバガバふつうに飲んでいるけど、居酒屋じゃなければ、そこそこの高級の料理が食べられる。感覚がマヒしていると思う」(26歳)
「味の割には高い」(32歳)

7位【喫茶店のコーヒー】
「100円コーヒーとさほど変わらないのに」(26歳)
「いがいに高い」(30歳)
「缶コーヒーで十分」(31歳)
「安くて美味しいコーヒーはいくらでもある」(37歳)

8位【駐車場代(都心部)】
「停めてるだけで1時間600円は高すぎる。昼間の料金をもっと安くしてほしい」(30歳)
「場所によりですが、車の維持費プラスで考えると余計維持費がかかる」(36歳)
「車のための出費としては高すぎる」(38歳)

9位【プリンターのインクカートリッジ】
「全てそろえるとかなりの額だし、それほど量もない」(36歳)
「使用頻度が多いのでよく買うが、インクの量に見合っているとは思えない」(39歳)
「プリンターは最近安いものが多く、インクの方が高額だったりするから」(39歳)

10位【ガス料金】
「あまり使っていなくても高いので」(30歳)
「高いから」(33歳)
「プロパンガスは業者が料金をどんどん吊り上げる傾向があるから」(39歳)

コーヒーなど100円単位の価格への不満から、何杯も飲むからこそ時には1万円くらいはかかってしまう居酒屋の飲み代への怨み言など、「苦情」の質は様々だった。ユーザーが満足いくように、常にクオリティと価格の見直しは検討されているはず…と信じて、今の支払いを続けましょうかね。

(小笠原敦)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト