理想の最低貯金額はなんと793万円!?

独身男の貯金額392万円 友達には「教えない」8割

2016.07.03 SUN

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


「現時点の貯金額」が0円の人のうち、「確保しておきたい最低貯金額」も0円の人は52%! 貯金がある人のうち現状に満足しているのは45%だった
写真:xiangtao / PIXTA(ピクスタ)
気の置けない友人でも話しづらいのがお金の話。給料と同様に貯金額も、気を使う話題だろう。とはいえ、実際にはみんなどれほど貯めているの? そこで、30~35歳の独身男性会社員200人に、「現時点の貯金額」についてアンケートを聞いた。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

●現在の貯金額は?


【平均 392万円】
・0円(なし) 14.5%
・1円~50万円 27.5%
・51万~100万円 10.0%
・101万~300万円 17.5%
・301万~500万円 8.0%
・501万~1000万円 12.0%
・1001万円以上 10.5%

ボリュームゾーンは「1円~50万円」で、「0円(なし)」も含めると、50万円以下は42.0%に上る。ただし、10.5%いる「1001万円以上」が平均貯金額を引き上げて「392万円」に落ち着く。なお、貯金額の最高は「4200万円」で、30代前半でどのように貯めたのか、その方法が気になるところ。

格差社会を感じる、何とも世知辛い結果だが、理想としてはどれほど貯めておきたいもの? 「確保しておきたい最低貯金額」についても聞いてみた。

●これだけは確保しておきたい! と思う最低貯金額は?


【平均 793万円】
・0円(なし) 11.0%
・1円~50万円 26.5%
・51万~100万円 15.0%
・101万~300万円 13.5%
・301万~500万円 12.0%
・501万~1000万円 12.0%
・1001万円以上 10.0%

最低貯金額はあくまで個人の希望であるため、1億円、2億円などの回答もあり、正確な額とは言えないものの、平均額は「793万円」。半数が100万円以下を選んでおり、すべての人がそうとはいえないが、貯金額の理想と現実の格差は大きそうだ。

ちなみに、「友達に貯金額を聞かれたら教えるか?」についても聞いたところ、以下の結果となった。

●友達に貯金額を聞かれたら教える?


・教える 14.0%
・教えない 86.0%

【教える 14.0%】
「相手の貯金額を先に聞いてその額によって伝える金額を多少変更する」(30歳)
「言っても困らないような金額なので」(31歳)
「だいたいのところだけを教える」(32歳)
「たいした額じゃないのでハッキリ言う」(33歳)

【教えない 86.0%】
「お金に関することはぺらぺら喋ることではないと思うから」(30歳)
「同世代の友人と比べて貯金が多い方だと思うので、嫌味に聞こえそうだから」(31歳)
「金銭関連はトラブルの元なので」(34歳)
「たくさん貯金をしているのを話すのは少し恥ずかしいので、あまり貯金をしていないと言う」(35歳)

「教えない」派が圧倒的で、「教える必要がない」「トラブルになる」という理由が多くを占めた。なかには、「聞くぐらいなら絶縁する」(35歳)と貯金額を尋ねること自体に厳しい意見を持っている人も。他人の貯金額との比較で気持ちが揺れないためには、自分の貯金額を増やすことが一番の対策かも?

(吉田良雄)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト