貯金、生活費、ムダ遣いetc.

同棲生活にありがちな「お金のトラブル」対処法

2017.02.28 TUE


ウェブ上で収支管理ができるサイトなどを使って、同棲生活にお金のトラブルを生まないようにしたい
写真提供/Graphs / PIXTA(ピクスタ)
「同棲」にはトラブルがつきもの。“恋人以上結婚未満”の関係では、特に「お金」にまつわるトラブルが多そうだ。R25編集部が、20~30代の同棲経験者の男性191人にアンケート調査を実施したところ、「同棲時にお金でモメたことがある」と回答したのは87人(45.5%)。およそ2組に1組はトラブルを経験したという結果となった。では、具体的にどんなことが問題だったのだろう。

●同棲中に彼女とどんなことでもめた?

(R25調べ、協力/ファストアスク。複数回答)

1位 生活費の考え方が違う 64.4%
2位 貯金がうまくいかない 54.0%
3位 彼女のムダ遣いが多い 31.0%

1位の生活費の考え方の違いは「家賃が折半でない」などのトラブル。もっとも大きそうな2位「貯金」を上回る結果となった。「貯金」は将来のための準備、と置き換えることもできるが、3位の「ムダ遣い」も伴侶として考えた場合はトラブルの原因になってしまうのだろう。

では、以上3つの点について、どんな点に気をつければ同棲生活がうまくいくのか、消費生活アドバイザーの和田由貴さんに話を聞いた。

1位 生活費の考え方が違う
「都度対応ではなく最初にきちんと話し合っておくことが大切。お金の話は曖昧にしがちですが、生活するうえで一番大切なことなので、最初にすり合わせをするべきです。オススメは、決めた負担割合ずつお金を出し合ったうえで、それを共有財布とし、そこから家賃や光熱費などを支払うスタイルです」

2位 貯金がうまくいかない
「貯蓄は先取りが原則。余った分を貯金しようとしても、なかなかうまくいかない場合が多いです。また、不測の事態の時に貯まったお金をすべて消費してしまうなんてことにならないように、用途別に貯蓄することをオススメします。二人の将来のために貯蓄するならば、貯蓄用口座を作り、互いに決まった金額ずつ先取りで貯めるのが良いでしょう。自動引き落としで定額貯蓄をするのも手です」

3位 彼女のムダ遣いが多い
「あまりにも浪費が激しい場合は、どちらかが管理して小遣い制にするという方法もありますが、基本的には互いのお金の使い方には干渉しないことがうまくいくコツです。2人の将来のための貯蓄や生活費以外の部分は、ある程度は自由につかわせてあげることでお互いにストレスを減らすことができるでしょう」

以上の点に共通するのは、突き詰めれば「家計管理」の問題でもある。どちらか一方が管理をするとトラブルの原因になりやすいので、収支は家計簿をつけるなどして可視化し、お互いに見ながら話し合えるとベター。

「最近では、銀行口座やクレジットカードなどを連携させれば自動で収支計算をしてくれる家計簿アプリの機能も向上しており、簡単便利です。1つのアカウントを2人で共有すれば、いつでも正確に収支を把握することが可能です。例えばKakeibon(カケイボエヌ)は、収支管理ができるだけでなく、目標を設定すると、今いくら貯蓄するべきかを試算してくれる機能もあり、将来を考える同棲カップルにオススメです」

お互いの収入が多い少ないにかかわらず、家計管理については同棲スタート時にきちんと話し合って、のちのちモメて同棲解消…なんてことにならないようにしたいもの。これから同棲をスタートさせるあなたは、ぜひ参考にしてほしい。
(EH/BCMC)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト