ずぼら男子のさくっとレシピ

材料入れて煮込むだけ「カブと豚肉のシンプルポトフ」

2009.12.17 THU

お夜食道場


【Recipe】
カブ 2個
ニンジン 半分
豚スペアリブ 100~200g(肩肉の角切りでもOK)
塩 適宜

【作り方】
(1)スペアリブにきつめに塩をふって、10分以上置く。
(2)カブとニンジンは洗って食べやすい大きさ(カブは大きさによって1/4~1/8くらい)に切る。
(3)(1)から水分が出てきたら水気をきり、(2)と一緒に鍋に入れ、材料がかぶるくらいの水を入れて煮る。
(4)火が通れば塩気を調整して出来上がり。

【ちょっとひとこと】
冬が始まる前は「今年は暖冬かも」という声もあったけど、とうとう降ったわね…雪が。関東どころか西日本まで積雪を記録したっていうじゃない。寒いはずよね。でも、寒~い時は温かいポトフがおいしいわよ。お肉と野菜の旨みが溶け出したスープが、体を芯から温めてくれます。疲れたオトコの体をいたわりながら、お酒を一層おいしてくれるわよ。カブは根菜の中でも火の通りが早い食材です。生でも食べられるお役立ち野菜なので、使ったことのない人はぜひ試してみてね。
あらかじめ塩をする目的は、塩の浸透圧を利用して、肉の水分とともに臭みを抜くこと。必ず「常温」で置いておくこと。もちろん肉から出た水はスープに入れてはダメ
カブは皮つきでOK。ただし、葉の根元に砂がたまりやすいので注意して。あとは材料を入れて煮込むだけ。カブやニンジンに串をさしてみて、スッと通ればできあがり

※フリーマガジンR25 177号「酒肴道場」より

材料入れて煮込むだけ「カブと豚肉のシンプルポトフ」

大久保 聡=写真
photography SATOSHI OKUBO
たかはしよしこ=スタイリング
styling YOSHIKO TAKAHASHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト