ずぼら男子のさくっとレシピ

食感がたまらない 「とろとろささみの梅肉和え」

2010.02.10 WED

お夜食道場


【Recipe】
鶏ささみ 食べたいだけ
片栗粉 適宜
塩 適宜
梅肉 梅干し2~3個分
芽ねぎ 適宜
(芽ねぎは、三つ葉や水菜やノリで代用可)

【作り方】
(1)鶏ささみの筋を取る(筋なしのささみが手に入ればこの工程は省く)
(2)(1)を食べやすい大きさにそぎ切りにする
(3)(2)にごく少量の塩をふり、片栗粉をまぶし、沸騰したお湯で茹でる。衣に透明感が出たら鍋からだし、梅肉とともに盛りつけ、芽ねぎを添える

【ちょっとひとこと】
寒い時期に、とろみをつけたツマミっていいのよ。体に優しいし、温まるし、料理が冷めにくくなります。低カロリー高タンパクの鶏ささみと梅干しを使えば、さらに体に優しいわね。つるん、とろんとした食感がポイントなので、できればできたてを召し上がってほしいわ。とろみのもとである片栗粉は「馬鈴薯(ばれいしょ)でんぷん」を使っているものがほとんど。安価に手に入るし、料理のレベルが上がったように見せてくれる強い味方です。使いやすい場所に常備しておくといいわよ。

※フリーマガジンR25 175号「酒肴道場」より

食感がたまらない 「とろとろささみの梅肉和え」

大久保 聡=写真
photography SATOSHI OKUBO
たかはしよしこ=スタイリング
styling YOSHIKO TAKAHASHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト