“オトコ視点”でコンビニの魅力を紹介

急成長するタケノコの秘密は“節”にアリ!

2010.03.04 THU

コンビニ研究所


ゴロッとたけのこ御飯おむすび セブン-イレブン 126円 鰹節をまぶした香り良いタケノコの土佐煮が、炊き込みご飯にトッピングされたおむすびじゃ。タケノコは大きめにカットされており、シャキシャキした食感も楽しめる。海苔を巻かずに、シンプルに味わうのがオツだぞ。
助手:お帰りなさい! 久しぶりの出張はどうでしたか?

博士:いやはやしばらく行かんうちに、「雨後のタケノコ」のようにビルが立ち並んでおったぞ。

助:ウゴノタケ…?

博:知らんのか。「同じような物事が次から次へと起こる」という意味の慣用句じゃよ。

助:なぜタケノコ? 雨が降ったらほかの植物もニョキニョキ生えそうですが。

博:それもそうじゃが、特に旬の時期のタケノコは雨が降った後に一気に伸びることが多いんじゃ。1日に1m以上伸びるものもあるんだぞ。

助:それはすごい!

博:ちなみにそのために必要な水分は、20Lぐらいといわれておる。

助:雨上がりじゃないと、水が足りないんですね。それにしてもなぜそんなに早く育つんですか?

博:そもそもほかの木や草とは構造が違うんじゃ。竹の表面には節があるじゃろう? あの節はタケノコのときからあり、節ごとに細胞分裂してそれぞれが伸びる。一方、節のないほかの植物は、先端でしか細胞分裂しないんじゃ。

助:なるほど。僕も助手として、タケノコみたいにぐいぐい成長しなくっちゃ!

博:いい心掛けじゃな。間違っても「タケノコ生活」を送らんようにな。

助:…今度はどういう意味ですか?

博:タケノコの皮をはぐように、家財など身の回りのモノを売って食いつなぐ生活、という意味じゃよ。

助:は、はい! 頑張ります!

<参考資料>『そだててあそぼう69タケの絵本』(内村悦三:編/農山漁村文化協会)、『新レインボー 写真でわかることわざ辞典』(学研辞典編集部:編/学習研究社)

急成長するタケノコの秘密は“節”にアリ!

佐々木彩夏、溝口玲以子(アート・サプライ)=取材・文
text AYAKA SASAKI, REIKO MIZOGUCHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト