パワースポットで運気MAX!

第2回 触れると病気が治る“像”が!?

2010.03.12 FRI

パワースポットで運気MAX!


実はこの撫牛像、1825年に奉納されたものだそう。それ以前は牛の形をした自然石だったとのことですが、みんなに撫でられて風格たっぷり! いい感じに黒光りしています

スカイツリーのお膝元! 江戸時代の遺物「撫牛」像



最近、激しい肩こりに悩まされている筆者。「まさか体の悩みまでパワースポットで解決することはできないだろう」と思っていたら、ピッタンコな像を発見! 自分の体の悪い部分をなでてから、その像の同じトコロをなでると、あら不思議! 病気や不具合が良くなっちゃうんだとか。

像の名は「撫牛(なでうし)」。「牛嶋神社」(墨田区向島)境内に鎮座している、まんま牛の形をした像なんですが、墨田区登録文化財にも指定され、江戸時代初期からそのご利益が語り継がれてきた由緒正しきものなんです。これはかなりのご利益が期待できそうじゃないですか!?

では、さっそく…。

コリッコリの右肩をさすってから撫牛の右肩をスリスリ。疲れ目で眼底がボーンと痛かった右目を触ってから撫牛の右目をスリスリ。

あれ? 病は気から? なんだか右目も右肩もフッと軽くなった気がしなくもないような…。 宮司の春田知徳さんによれば、「体に不調を抱えるお年寄りの来訪が多いのですが、“治したい”という一心で気持ちを奮い立たせてお越しになる方が大多数です。言い伝えですから科学的な根拠はありませんが、そうした前向きな気持ちが病気治癒に貢献している可能性はあるのではないかと思います」とのこと。なるほどー。ご利益を賜るためには、「健康になりたい!」という強い気持ちをもつことも必要なのかもしれませんね。

ちなみに、こちらの撫牛、体だけでなく心の病も治ると信じられているそう。加えて、生まれたばかりの子どもには、奉納したよだれかけをかけると健康に育つとの言い伝えもあるとか。

ふと見れば、牛嶋神社のすぐ脇には現在建設中のスカイツリー。神社と隣接している隅田公園はこれからサクラも見ごろです。隅田川を渡れば、レトロ感満載の遊園地「花屋敷」など観光スポットもいっぱい。レジャーを楽しみつつ、心と体を癒やす休日なんていかがです?

あ、くれぐれも、帰りに焼き肉なんて食べないように~。 パワースポットについて、知りたいこと、気になることがありましたら、右下の投稿ボタンから投稿して下さい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト