体感必須! オトコのイベント

都会の真ん中に、森と泉の新癒しエリアが出現

2010.03.18 THU


これが「スプラッシュガーデン」の全体像。入場のみならば無料。アトラクションはそれぞれ有料だが、ミストサークル「マジカルミスト」だけは無料で楽しめる
期末決算、人事異動など、何かと忙しくなる3月。ストレスを溜め込むR25世代に、今回は新たなリフレッシュスポットを紹介しよう。3月20日(土)に、「東京ドームシティ アトラクションズ」に出現する森と泉…、その名も「スプラッシュガーデン」である。

「スプラッシュガーデン」は森と泉をコンセプトに誕生したエリアで、4つの新アトラクションによって構成されている。これらは東京ドームシティ内にある既存のアトラクションとは違い、「自分で操作ができる」がテーマ。

ティーカップ「ピクシーカップ」は、操縦者が事前に吹き込んだメッセージが運転開始に合わせて再生され、カップの回転数にあわせて再生速度が変わるというユニークなもの。世界で唯一の“おしゃべりするティーカップ”だ。ほかにも、座席前のロープを引いたり離したりしながら2人乗りライドを上下に操作できる「パワータワー」や、ハンドルを操作しながら緑溢れるコースを2人乗りトロッコで周遊できるトロッコライド「コロッコ」といったアトラクションがあり、これがなかなかいい全身運動になるのだ。

また一方で、「リフレッシュ」の要素も重視され、床からミストが噴出するミストサークル「マジカルミスト」は、都会の新たなマイナスイオンスポットになりそうな予感。夜は幻想的なライトアップで、大人のロマンチックなデートスポットに早変わりする。

なまった体を動かしつつ、疲れた心を癒やして、ストレス発散! そんなR25世代に嬉しい新エリア「スプラッシュガーデン」で週末リフレッシュをして、1週間のスタートを切ってみては?
(内藤香苗/クレッシェント)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト