“オトコ視点”でコンビニの魅力を紹介

ジャガイモとジャカルタの意外な関係!

2010.04.01 THU

コンビニ研究所


たっぷりハムのポテトサラダサンド スリーエフ 210円 ポークハム入りの手作りポテトサラダをたっぷり挟んだ、ほっこりした味わいのサンドイッチじゃ。粗くつぶした男爵芋のゴロッとした食感が楽しい。サラダに入っているハムとは別に、もう1枚ポークハムをサンドしているぞ。
助手:博士~、ジャガイモのパッケージに「馬鈴薯」って書いてありますけど、これって品種名ですか?

博士:いや、馬鈴薯はジャガイモの別名。どちらで呼んでもいいんじゃ。

助:へえ、僕はジャガイモの方がなじみがあって呼びやすいですけど。

博:ジャガイモという呼び方の方が古いからな。そもそも400年ほど前、現在のジャカルタである「ジャカトラ」を経由して日本に渡来したことから「ジャガタライモ」と呼ばれ、やがて「ジャガイモ」と名付けられたんじゃ。

助:なるほど~。ところでジャガイモって品種が結構多いですよね?

博:世界に2万品種はある。日本で栽培されているのは50種類ほどだが、2大品種は男爵イモとメークインじゃな。

助:知ってます! 「男爵」ってイモのくせに偉そうだなって思ってました!

博:コレ! イギリスから種イモを導入した川田龍吉男爵にちなんだ名前なんだぞ。ちなみに原種名は、「アイリッシュ・コブラー」じゃ。

助:かっこいい! ちなみにその2種類は名前以外に違いがあるんですか?

博:もちろんじゃ。メークインはねっとりとしていて煮崩れしにくいから、カレーや肉じゃがなどの煮物向き。一方、男爵イモはでんぷん含有量が多く、粉質のため崩れやすい。ホクホクとした食感が特徴で、ポテトサラダやコロッケには最適だぞ。

助:それぞれ得意分野があるんですね。僕もジャガイモを見習って、得意の研究分野をもたなくちゃ!

<参考資料>『じゃがいも料理大全』(旭屋出版)、『ジャガイモの世界史』(伊藤章治/中央公論新社)

ジャガイモとジャカルタの意外な関係!

佐々木彩夏、溝口玲以子(アート・サプライ)=取材・文
text AYAKA SASAKI, REIKO MIZOGUCHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト