“オトコ視点”でコンビニの魅力を紹介

あなどれないレンコンの実力とは?

2010.05.20 THU

コンビニ研究所


炭火仕立ての鶏照焼弁当 ローソン 398円 5月25日 炭火で香ばしく焼き上げた鶏肉、コクのあるたまり醤油のたれで味つけした鶏そぼろ。2つの鶏肉が1度に味わえるボリューム満点な弁当が登場じゃ。甘みのある玉子そぼろや、サクサクのレンコン金平など、脇役も充実しておる。ガッツリ食べられるのに値段もリーズナブルで、R25世代にうれしい一品じゃぞ!
博士:青白い顔しておるな。貧血か?

助手:毎朝、起きるのがつらくって…。

博:一人暮らしでも、ちゃんと野菜や果物を食べんとイカンぞ。貧血気味なら、レンコンがオススメじゃ。

助:レンコン? なんだか白くて穴がたくさんあって、頼りない印象ですけど。

博:レンコンには、ビタミンC、鉄分などさまざまな栄養素が含まれておるんじゃ。レンコンを切ったとき、糸を引くのを知っているかな? これは、納豆やオクラにも含まれるムチン質という成分で、胃を守り、消化吸収を助ける働きがある。止血をしたり潰瘍を抑えるというタンニンも含まれておるぞ。

助:薬みたいな野菜なんですねえ。

博:その通り! レンコンは、日本で最も古くに栽培された植物の1つといわれ、日本最古の歴史書『古事記』や『常陸国風土記』などに登場しておる。今では煮物やテンプラなどの料理として食べられるが、古くは薬効食物として病気の際に食されたという。かの徳川家康公も、薬効の高さに注目していたというぞ。

助:すごい! ところでどうして穴が空いているんですか?

博:レンコンは、ハスの地下茎なんじゃが、この地下茎とつながる根に空気を送る通気孔の役割をしているのがあの穴というわけじゃ。穴は、中心に1つ、周りに9つ、計10個が基本。また穴は「見通しがよい」とされることから、正月料理の縁起ものとして欠かせんぞ。

助:レンコンって、薬効があったり縁起ものだったり、ただの野菜じゃないんだ。あなどれませんね!

<参考資料>
『レンコン』(沢田英司著/農山漁村文化協会)、『日本の野菜』(大久保増太郎著/中公新書)

あなどれないレンコンの実力とは?

佐々木彩夏、溝口玲以子(アート・サプライ)=取材・文
text AYAKA SASAKI, REIKO MIZOGUCHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト