グループリーグ突破へ

強気な戦いでデンマークを攻略せよ!

2010.06.24 THU


デンマークのエース・ベントナー。グループリーグ第2戦でカメルーン相手に同点ゴールを決め、調子をあげてきた。日本は要注意だ 写真提供/AFLO
第2戦でオランダに惜敗をしたものの、内容では終盤に攻め込むなど強豪相手に十分戦える自信を手にした我らが日本代表。グループリーグ突破へ、第3戦デンマーク戦にすべてを懸ける。

しかし、デンマークはオランダ以上に日本にとって戦いづらい相手といえるだろう。日本は一人ひとりの距離を小さくし、常に相手に対して多くの人数をかけるような組織的な守備が武器。ショートパスをつないで攻めてくるオランダはその日本が仕掛けた網にうまくはまってきてくれたのだ。

だが、デンマークはロングボール主体の攻撃を仕掛けてくる。身長193cmのエースストライカー・ベントナーをはじめ、ほとんどの選手が180cm以上の長身ぞろい。体格を生かしたパワフルなサッカーこそが、デンマークの売りなのである。日本は組織的な守備を心がけたいが、ロングボールを蹴り込まれて一人ひとりの距離が空いてしまうと、厳しい戦いになってしまいそうだ。

そこで日本代表に求められるのは、今まで以上に攻撃的に戦うことだろう。オランダ戦の前半のように引いて守るのではなく、前からボールを取りに行き、自由にロングボールを蹴らせないことが重要だ。そして、よりボールを持つ時間を増やすこと。相手のパワーに対して、日本は技術と俊敏性で対抗したい。デンマークの守備は堅固だが、ボールを素早く動かして揺さぶりながらゴールを狙いたい。

この試合、引き分けでも日本代表の決勝トーナメント進出が決まる。ただ、引き分け狙いの受け身の戦いをするよりも、オランダ戦の後半のようにアグレッシブに戦った方が得策だろう。勝って決勝トーナメントへ――その強気の気持ちが、日本サッカーに輝かしい歴史を刻むはずだ。
(佐藤拓也)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト