“オトコ視点”でコンビニの魅力を紹介

タクアンは2切れずつ食べるもの!?

2010.07.01 THU

コンビニ研究所


三色納豆詰合せ セブン-イレブン 250円 プレーンタイプとタクアン入り、青ジソ入りと、3種類の納豆巻きが一度に味わえる一品じゃ。歯ごたえの良いタクアン入りの納豆巻きは、納豆と相性の良い赤ジソが寿司飯に混ぜ込まれておるぞ。
助手:ポリポリポリ…

博士:いい音をさせておるな。タクアンかな?

助:はい! おいしいですよね~。タクアンだけでご飯何杯でもいけちゃいます。

博:フォフォフォ、わしもじゃよ。ただ、わしは毎食2切れずつしか食べないと決めておるがな。

助:塩分が気になるんですか?

博:いや、江戸時代の習慣にならっておるんじゃよ。武士にタクアンを出すときは、1切れだと「人を斬れ」、3切れは「身を斬れ」に通じるとして嫌われ、2切れ出すのが通例だったからな。

助:江戸時代から守り抜いているなんて、さすが博士!

博:わしは昭和生まれじゃよ! ところで君、どんな種類が好みかね?

助:は? タクアンの種類ですか?

博:一口にタクアンといっても、ダイコンを干してからぬかで漬けるものや、生のまま塩漬けしてからぬか漬けにするものなど、いろいろあるぞ。わしは秋田の名産で、燻製にしてから漬けこむいぶりタクアンが好物じゃ。

助:そんなに種類があるとは知らなかった…。黄色いのとか白いのとか、色に違いがあるのは気になってましたけど。

博:辛味の強いダイコンほど黄色くなるんだぞ。ダイコンの辛味成分が漬けている間に分解され、ほかの成分と結びついて少しずつ黄色の色素が作られるんじゃ。今はウコンやクチナシで黄色く着色されているものも多いがな。

助:なるほど。まあ僕は、おいしければ何でもいいんですけど!

<参考資料>『つくってあそぼう32 漬けものの絵本(2) ぬかみそ・たくあん・こうじ漬け』(北村英三ほか:編/農山漁村文化協会)

タクアンは2切れずつ食べるもの!?

佐々木彩夏(アート・サプライ)=取材・文
text AYAKA SASAKI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト