“オトコ視点”でコンビニの魅力を紹介

「秋ナスは嫁に食わすな」は思いやりの言葉!?

2010.07.15 THU

コンビニ研究所


四川風麻婆茄子炒飯 am/pm 430円 麻婆ナスにチャーハンを組み合わせたボリューム満点の一品じゃ。中華の本場・四川の味をイメージした麻婆ソースは、テンメンジャンで甘辛く仕上げておる。ピリリと効いた花山椒が、夏の食欲を刺激してくれるぞ。
博士:暑い暑い! ナスでも食わんとやってられん!

助手:機嫌悪そうですね~。ナスは確かにおいしいですけど、なぜ急にナスを?

博:バカモン! ナスは体を冷やしてくれる食べ物として有名じゃろう!

助:有名…なんですか? 僕は知らなかったですけど。

博:「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉は知っておるか?

助:はぁ、いじわるな姑さんが言うやつですよね。ナスがあまりにもおいしいから、憎たらしい嫁には食べさせたくない、という。

博:そう考えるのが一般的じゃな。ただ、「嫁がナスを食べ過ぎて、体を冷やし過ぎないように」と体を気遣った言葉ととらえる説もあるんだぞ。

助:優しい~。なんでも食べ過ぎは良くないですもんね。ところで博士、「一富士、二鷹、三茄子」っていいますよね? 初夢に見るといいらしいですけど、なぜナスの夢を見ると縁起がいいんですか?

博:諸説あるが、江戸時代のナスの価格に由来したという説が有力じゃな。

助:ものすごく高く売れた、とか?

博:その通り。駿府(現在の静岡県)で栽培されたナスが非常に高く売れたため、それを駿府の三大名物にかけたんじゃ。1番高いのは富士山、2番目は愛鷹山、3番目がナス。それが縁起ものとして、次第に広まっていったんじゃろう。

助:なるほど。では博士、たくさん話して機嫌が直ったみたいですから、今日の研究はもうここまでにして…。

博:バカモン! 君は残業じゃ!

<参考資料>『たべもの植物記』(能戸忠夫/山と溪谷社)、
『そだててあそぼう 2 ナスの絵本』(山田貴義:編/農山漁村文化協会)

「秋ナスは嫁に食わすな」は思いやりの言葉!?

佐々木彩夏(アート・サプライ)=取材・文
text AYAKA SASAKI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト