ずぼら男子のさくっとレシピ

カリカリを楽しんで!「手羽先の香味焼」

2010.08.12 THU

お夜食道場


【Recipe】
手羽先 食べたいだけ
塩 大さじ1(手羽先の量にあわせてね)
山椒 少々

【作り方】
(1)手羽先に多めに塩をして、常温で20分以上おいておく
(2)湯をわかし、1を5分間茹でる
(3)(2)の水を切り、山椒をふって両面をグリルで焼く

【ちょっとひとこと】
鶏の手羽先って、美味しくてコラーゲンたっぷりで、お酒との相性も最高! しかも安く手に入るから、お腹を空かせた若いビジネスマンにはピッタリの食材よ。ちなみに和歌ネエは、いつもお肉屋さんでまとめ買いしています。今回は塩コショウではなく山椒を使うので、スパイシーな辛みが後をひくわよ~。ポイントは、先に塩をまぶして臭みをしっかり抜いておくこと。このプロセスをさぼらなければ美味しく仕上がります。あとはグリルやフライパンでカリカリになるまで焼くだけ。お試しあれ。

※フリーマガジンR25 196号「酒肴道場」より

カリカリを楽しんで!「手羽先の香味焼」

大久保 聡=写真
photography SATOSHI OKUBO
たかはしよしこ=スタイリング
styling YOSHIKO TAKAHASHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト