ずぼら男子のさくっとレシピ

春の宵は風流な気分で「鶏ささみの紅白梅焼き」

2010.10.07 THU

お夜食道場


【Recipe】
鶏ささみ2本、梅干しの果肉(梅肉)2個分、
西京味噌(白みそ)大さじ1、
みりん(なければ日本酒)大さじ2

【作り方】
(1)味噌とみりんはあわせて溶かしておきます。溶けづらかったら、レンジで10~20秒加熱するとうまくいくわよ
(2)ささみの筋取りをします
(3)筋を外した線に沿って軽めに包丁をあて、ささみを開きます
(4)梅肉と1をささみに塗り、グリルで焼きます。味噌が焦げそうなら、途中でアルミホイルをのせるといいわ
※ささみを上手に開くコツは、肉を引っ張りぎみにしながらなでるように刃先をあてるの
※味噌はとても焦げやすい食材。あっというまに黒コゲになるから気をつけてね

【ちょっとひとこと】
淡泊なささみにコクのある白味噌をあわせ、梅でアクセントをつけました。この料理に合わせるなら、ぬる燗が正解。だってお皿の上が春なんですもの。すごく寒い冬はもちろん熱燗だけど、空気が温んできたらお燗もゆるめるのが気分じゃない? お燗と言えば、レンジでぐらぐらするまで煮たてた酒は最低ね。上手にお燗をつけるなら、湯煎が一番。鍋にお湯を沸騰させて、火を止めてから銚子をいれて温めます。ゆっくりお風呂に入った後は湯冷めしないのと一緒で、お酒が冷めづらいのよ。

※フリーマガジンR25 35号「酒肴道場」より

春の宵は風流な気分で「鶏ささみの紅白梅焼き」

大久保 聡=写真
photography SATOSHI OKUBO

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト