ずぼら男子のさくっとレシピ

真の酒呑みに捧げる銘肴「鶯宿梅」

2011.04.07 THU

お夜食道場


【Recipe】
梅干し1~2個、
ワサビ(梅干しの果肉と同量)

【作り方】
(1)梅干しの種をとりさり、ペースト状になるまでたたく
(2)梅干しの果肉とほぼ同量のワサビを合わせ混ぜ、盛りつける
※梅干しの代わりに、チューブの梅ペーストを使うとさらにお手軽にできます
※お刺身の薬味としても優秀よ


【ちょっとひとこと】
「おうしゅくばい」と読んで、「梅に鶯(ウグイス)がとまり(宿り)ました」って意味の肴。風流でしょう? 梅のさわやかさとワサビのぴりっとしたコンビネーションは、春先にもいいんだけど、夏直前の湿度の高い空気にもぴったりなのよね。本当に手軽にできちゃうから、「お腹は満足してるけど、あと少し酒のアテが欲しい」なんて時にもおすすめ。箸の先にほんの少しとって召しあがれ。それにしても、梅とわさびを和えるだけなのに、なぜこんなにお酒と合うのかしら! つまむたびに唸っている和歌ネエです。

※フリーマガジンR25 50号「酒肴道場」より

真の酒呑みに捧げる銘肴「鶯宿梅」

大久保 聡=写真
photography SATOSHI OKUBO

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト