OFFで役立つ!

クリスマスや忘年会のプレゼントに。モノではなく思い出を贈る

2010.11.30 TUE


プレゼントを贈る側はSmartboxのサイト上で、「テイスティング」(6500円)、「アドベンチャー」(8500円)、「アンユージュアル エスケープ」(1万900円)、「ファンフォーオール」(5000円)などカテゴリーと価格が定められたSmartboxを購入する。受け取った人は、ガイドブックから好きなものを選んで経験するという仕組みだ。
誕生日や結婚式、クリスマス、忘年会といったイベントをはじめ、職場の上司や同僚の異動・退職などで、大人になると何かと増えるギフトのやりとり。しかし正直、そこそこの金額でそこそこのモノを贈ろうとすると、おのずと選択肢が限られてワンパターンに陥りがち。せっかくのプレゼントなのに大した驚きもなく、印象にも残らないなんてもったいないですよね。

ここはひとつモノではなくて、思い出を贈ってみてはいかがでしょうか?

フランス生まれのSmartbox(スマートボックス)は、ここ数年日本でも徐々に増えている「体験型ギフト」サービス。時計や万年筆といったモノではなく、グルメや美容、スポーツレッスン、ホテル宿泊、ワークショップなどの体験ができる権利をプレゼントしようというものです。

Smartboxにある男性向け体験型ギフトには、高級ワインバーやシガーバーでのテイスティングをはじめ、ボクササイズやカポエラなどの格闘技レッスン、パラグライダーやラフティングなどのアウトドア遊び、音感レッスンや陶芸などのワークショップ、古民家宿や都市型ホテルの宿泊券など多数のメニューが用意されており、大まかなカテゴリーを選んでプレゼントすることができます。プレゼントされた側は、結婚式の引き出物カタログのように、Smartboxのガイドブックから好きなものを選んで体験するというわけです。

ともかく、およそ自分でお金を出してまで経験しないであろうことが、他人からもたらされるというのが、体験型ギフトの面白さなのかもしれません。

それこそクリスマスパーティーや忘年会でのビンゴ景品など、誰に当たるかわからないプレゼントとして用意しても面白いはず。あなたが贈った体験型ギフトで誰かの世界をぐぐっと広げてしまうかもしれませんよ?
(熊山 准)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト