ずぼら男子のさくっとレシピ

暑気をしずめる涼やかな口当たり「涼葛豆腐」

2011.07.14 THU

お夜食道場


【Recipe】
絹ごし豆腐 1パック
片栗粉 大さじ3
山椒 適宜
塩 適宜

【作り方】
(1)豆腐は食べやすい大きさに切る
(2)片栗粉を分量外の水少々で溶く
(3)鍋に湯を沸かす
(4)(1)に(2)をまぶし、(3)の湯にくぐらせて氷水にとる。3秒もあれば十分よ~
(5)盛りつけて、山椒と塩を添える
※片栗粉を溶くときは、大丈夫かな?というくらい少なめの水で、どろどろに溶いてね
※お湯をぐらぐら煮立たせないのがポイントよ
※時間が経つと表面が水を吸って濁るので、作り置きはできないの。すぐに召し上がれ


【ちょっとひとこと】
暑くて食欲がわかないときに、こんな変わり冷や奴はどうかしら。一見普通の豆腐にみえて、実は葛で包んであるの(葛は手に入りづらいので、片栗粉で代用)。ちょっと手間はかかるけど、口に入った瞬間のつるんとした舌触りがなんとも言えないのよ。味つけはお好みで。この日は山椒と塩にしたけど、柚子こしょうを添えてもいいし、梅と醤油でたれをつくってもおいしいわ。あとは漬け物でも用意して、冷酒かビールで夕涼みを。ゆかたと団扇と蚊取り線香の煙が似合う、夏らしい一皿です。

※フリーマガジンR25 56号「酒肴道場」より

暑気をしずめる涼やかな口当たり「涼葛豆腐」

大久保 聡=写真
photography SATOSHI OKUBO

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト