花火・海水浴に代わる夏イベントを求めて…

8月末まで予約がいっぱい? バーベキュー場、ビアガーデンが大盛況

2011.07.22 FRI


夏休みシーズンが到来し、各地のバーベキュー場が賑わいを見せている。人気のスポットでは、休日の予約は2カ月先までいっぱいだという。

「土日はすでに9月中旬まで予約が埋まっています。例年に比べ、月曜、火曜、水曜の予約も増えていますね。今年は節電対策で土日の休みを平日に振り替えている会社が多いので、その影響だと思います。8月2週目くらいまでは木曜、金曜あたりが狙い目です」(東京都江戸川区・葛西臨海公園バーベキュー広場)

今年3月8日にバーベキュー広場をリニューアルした水元公園(東京都葛飾区)は100サイトを新設したが、やはり土日の予約は受付開始後、程なくいっぱいになる。

「予約受付はご利用前月の1日からになります。7月は受付開始早々に土日の予約が埋まってしまいました。8月のご予約分はまだ空きがありますが、お早めにお願いします」(水元公園管理事務所)

花火大会の中止や海水浴離れなど、例年に比べてレジャーに乏しい今夏、土日のバーベキュー予約は“プラチナチケット”と化しているようだ。葛西臨海公園では2カ月前の深夜0時からインターネット予約を受け付けているが、0時にサイトを開くとアクセスが集中しエラーになる。実際、バーベキュー利用者に話を聞けば「3人体制でPCの前に陣取り、0時になった瞬間に予約ボタンをひたすら連打して、ようやくゲットできました」という。

一方、平日の夜はビアガーデンが盛況だ。明治神宮外苑「森のビアガーデン」では、連日1時間以上の行列ができている。今夏は就業時間を繰り上げる企業も増えているため、17時台の行列に並ぶサラリーマンの姿も目立つ。

「8月の平日や土曜日の18時台、19時台の予約分はほぼ満席ですが、週末の遅い時間ならまだ空きはあります。今年はビール以外に東北のお酒なども置いていますので、ぜひご利用ください」(森のビアガーデン)

例年以上に盛り上がりを見せるバーベキュー&ビアガーデン。早めに計画を立てる必要がありそうだ。(榎並紀行)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト