僕らのイマドキフィットネス計画

第2回 カラダは中身! まずは体組成を知ろう

2011.09.06 TUE

僕らのイマドキフィットネス計画


「Dr.フィットネス」で体組成分析カルテを作成。1~2分の計測で様々なことが分かります

フィットネスクラブでカラダのカルテを作ろう!



「さあ、これから運動をしよう!」と思ったときに、科学的なデータを基に自分のカラダの課題を教えてもらえたら、心強いと思いません?

「上半身に比べて下半身の筋肉が少ないので、下半身を重点的に動かしていきましょう」とか、「内臓脂肪が多いようなので、まずはこれを減らすエクササイズから始めましょう」とかとか。むやみに運動するより、なんだか効率的にデキそうじゃないですか。

…と思って調べてみたところ、フィットネスクラブには、カラダの組成を診断した上で、結果に応じたトレーニングプランを組んでくれるところもあるみたい。いったいどんな診断をしてくれるのだろう? フィットネスクラブ「ティップネス」で体験取材をしてみました。

そこで出会ったのが、「Dr.フィットネス」なるモノ。なんでもカラダの組成を調べるものらしい。

ティップネスには、ヒアリング・チェック・プランニング・エクササイズの4ステップを柱とした、「ボディドック」という独自のトータルサポートサービスがあるそうで、「Dr.フィットネス」はその「チェック」項目のひとつ。カラダの組成って、いったい何を調べるの? 

「チェックする内容はおもに3つあります。まずはBMI値と体脂肪率のデータを基に、体型を割り出す『スタイルウォッチ』ですね。『適正』『脂肪過多』『肥満』『低体重低脂肪』など細かく分類して、その方のスタイルを科学的に診断できます」(ティップネス川崎店・トレーナー・矢吹謙太さん)

ふむふむ、「他人から見た」ではなく、データを基に科学的に診断するっていうのが信頼できますね。「次は『メタボウォッチ』です。腹囲や内臓脂肪量などから、メタボリックシンドロームの傾向を診断します」お医者さんで調べるようなことも測ってもらえるの? これは個人的にかなり気になります(お腹が気になるので)。

「3つめは筋肉量、脂肪量を総合的に見て全身のバランスをチェックし、その方の基礎代謝量なども割り出す『体組成ウォッチ』です。これらを基にして体組成のカルテを作っていきます」基礎代謝量が分かるのはかなりいいですね。じゃあさっそく測ってみたいと思います!

測り方はいたってシンプル。裸足になって、体重計のような計測器に乗るだけ。わずか1~2分で測定完了です。これで部位別の太さや脂肪の厚さなんかも分かります。これはすごい。いったいどういう仕組みなの? 

「筋肉は電気を通しやすく、脂肪は電気を通しにくいんです。その性質を利用して、体に微量の電気を流すことで、全身の筋肉量、脂肪量を測定できるんですね。体の部位別の筋肉量や内臓脂肪量が測れるので、たとえば『一見細く見えるけど、実は隠れ肥満だった』や、『カラダの左右の筋肉量にかなり差があった』なんてことも分かりますよ」

さっそく測定してみると、“隠れ”どころか、カルテにばっちり「あなたは肥満です」との診断が…。しかも体脂肪率をはじめとする様々な数値がそれが事実であることを証明している…。ひ~、見て見ぬフリしていた現実が。
ボディドックの結果を基に、トレーナーからオーダーメイドのプランを提案してもらえます
でも考えようによっては、いま知ることができて良かったかも。やらなきゃいけないことを明確に数字として見ることができたので。

「『やせてから測ろう』と思われる方もいると思いますが、『太ってきたかも』と思ったときにこそ、測ってほしいですね。私たちもエクササイズのプランをご提案してお手伝いします!」

これは確かに、いいキッカケになりそう。カルテの右上に、計測した数値を総合して割り出した「フィットネススコア」が点数として出てくるのですが、次回の計測までにはこれを5点!…いや3点、上げることを目標に運動してみようかと思います! 投稿募集はこちら 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

ブレイクフォト