ずぼら男子のさくっとレシピ

苦みをおいしくいただく簡単サラダ「ゴーヤと豚のしゃぶしゃぶ」

2011.09.08 THU

お夜食道場


【Recipe】
ゴーヤ 1/2本
豚スライス(小)1パック
A(芥子少々、醤油大さじ1、酢小さじ1)
調理用酒、塩 適宜
※豚肉は、しゃぶしゃぶ用をえらんでもよし、バラでもロースでもよし。和歌ネエはちょっと食べごたえのある生姜焼き用を切り分けて使うのがお気に入りです。

【作り方】
(1)ゴーヤは縦半分に割って種とわたをとりのぞき、2~3mmくらいの厚さにスライスする。ひとつまみの塩で軽くもみ、しんなりさせる。
(2)小鍋に調理用酒を入れた湯を沸かし、豚肉を一枚ずつしゃぶしゃぶにして氷水にとり、水気をきっておく。
(3)(1)をボウルの中で軽くさらして、水気をきる。
(4)と(3)をあわせ、Aであえてできあがり。
※ゴーヤの苦みが苦手な人は、3のプロセスで軽くゆでるといいわ。
※すっぱいのが嫌いな人は、酢を抜いて芥子醤油でどうぞ
※お湯をぐらぐら煮立たせないのがポイントよ。
※時間が経つと表面が水を吸って濁るので、作り置きはできないわ。

【ちょっとひとこと】
もう暑さもすっかり影を潜めたけど、冷蔵庫にゴーヤがひっそり残っているのを発見…(哀)。そういうときはこれ。豚肉と一緒にさっぱりいただくのがおすすめです。もう少しこっくりした味にしたい人はゴマだれも合うわ。季節外れに見えるかな?と思ったら、次のシーズンのものと取り合わせた献立にするのも手。たとえばこのお料理、初サンマと一緒に並べると、去り行く夏と訪れる秋がテーブルの上で共演、という見立てになるの。お酒は、シンプルにビールか冷酒、または泡盛のロックってとこかしらね。

※フリーマガジンR25 60号「酒肴道場」より

苦みをおいしくいただく簡単サラダ「ゴーヤと豚のしゃぶしゃぶ」

大久保 聡=写真
photography SATOSHI OKUBO

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト