僕らのイマドキフィットネス計画

第9回 みんなどうやって運動を続けてるの?

2011.09.30 FRI

僕らのイマドキフィットネス計画


ボディドックで受けられるチェックは3つ。左から体組成を調べる「Dr.フィットネス」、カラダのクセをチェックする「FMS」、生活のリズムや食生活についてアドバイスしてもらえる「コンディションチェック」

フィットネスクラブに通う30代男性に聞いてみました



これまで、運動やカラダづくりについて色々と調べてきたけど、実際、僕と同世代のみんなは、どんな風に運動を続けているのだろう? フィットネスクラブ「ティップネス」に通っている30代男性に聞いてみました。

「昨年の10月から禁煙をはじめたんですけど、途端に体重が増えちゃって。『これはやばい』と思って運動をはじめました」と語るのは会社員の宮川さん。

「入会してすぐに『ボディドック』を受けたのですが、自分でも気付いていなかったカラダのことをいろいろと知ることができて良かったですね。どうも僕は、上半身に比べて下半身の筋肉が少ないようで、足腰を鍛える運動方法を中心に教えてもらいました」(宮川さん)

「ボディドック」とは、自分のカラダや運動方法について、データやプロの意見をもとにアドバイスしてもらえるティップネス独自のサービス。トレーナーさんにカラダのことを相談して、何種類かチェックを受けた後に、自分に合ったエクササイズプランを提案してもらえます。

「チェック項目の中に『Dr.フィットネス』という、わずか1~2分で詳細な体組成を調べられるサービスがあって、自分のカラダに点数をつけてもらえるんですけど、これにハマッてしまって。前回よりも点数が上がると、やる気もどんどん上がります!」

あ~それ、私もやりました。確かに点数が出るとモチベーションにつながりますよね! では、具体的にはどんな運動をしているの?

「僕の場合は、ほとんどスタジオプログラムですね。会社帰りに『パワーラッシュ』などの筋トレ系プログラムや、『ファイティングラッシュ』などの格闘系プログラムで汗をかいて、その後、準天然温泉のお風呂にゆったりつかって、家に帰ってからビールを1杯。このコンビネーションがたまりません(笑)」

なるほど、楽しみながら日々の生活に上手に運動を取り入れているみたいですね。勉強になります。次に話を聞いたのは、同じくティップネスに通う会社員の福田さん。

「学生時代ずっと運動をしていて、自分のカラダには自信があったのですが、30歳を越えてから、たまに疲れを感じるようになって。もう一度運動をはじめようと思ったのがきっかけです」(福田さん)

う~ん、やっぱり、健康のことは意識しはじめちゃいますよね。

「ティップネスに入会してすぐに、ボディドックで『FMS』を受けたのですが、カラダがだいぶ硬くなっていました。そこでトレーナーさんと相談して、まずはストレッチ方法を色々と教えてもらいました」

「FMS」(ファンクショナル・ムーブメント・スクリーン)でしゃがんだり、バーをまたいだりするだけで、かなり動きのクセが見抜かれますもんね。私も足首や股関節のストレッチなど、自分に必要なことをプロの視点からアドバイスしてもらいました。

「その後、筋力トレーニングをはじめたんですけど、そうしたら今度は逆に筋肉が付きすぎちゃって(笑)。いまはトレーナーさんと相談しながら、プールでのウォーキングを中心に、有酸素運動で脂肪を減らしています!」
ボディドックを受けて、トレーナーさんから自分に合ったエクササイズプランを提案してもらい、効率良く、楽しく、自分らしく結果を出して行こう
目指すカラダを途中で軌道修正したんですね。そういうのにも、そのつど対応してくれるのはありがたいですよね。

私はというと、実はまだいろいろとお試し中。ボディドックの「コンディションチェック」を受けて、トレーナーさんから「朝食を食べることからはじめましょう」とアドバイスをもらい、それだけは実践しているものの、まだフィットネスクラブでの過ごし方についてはしっかり決めていません。でも何が楽しいかは、ちょっとずつ見えてきたので、今後はそれを中心にメニューを組んでみようと思います。

どうせ運動をするなら、効率良く、楽しく、がんばりすぎずに結果を出したい。そのためにも、一人ひとりに合ったアドバイスやエクササイズプランを提案してくれるフィットネスクラブと上手に付き合っていきたいですね! 投稿募集はこちら 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

僕らのイマドキフィットネス計画の記事一覧はこちら

ブレイクフォト