なでしこへの助成金が20万円に倍増!

スポーツの助成金って、どうやって決まってるの?

2011.10.14 FRI


なでしこジャパンへの支援は助成金にとどまらない。今後は大会時、栄養スタッフがチームに帯同することが決定した。さらにロンドン五輪へ向け、女子サッカーのみならず、女子スポーツ全体への支援が検討されているという 写真提供/GettyImages
6~7月に開催された女子サッカーW杯で優勝し、いまもフィーバーが続く“なでしこジャパン”。その活躍を受けて、文部科学省は女子サッカー日本代表の21選手を対象に、助成金増額を決定した。

発表によれば、日本スポーツ振興センターがW杯参加選手に支給してきた助成金を、一人あたり月額10万円から20万円に倍増するという。アルバイトで生計を立てながら練習を続けている選手も多いという彼女たちの競技環境が、これによって少しは改善されるかもしれない。

ところで、このスポーツ助成金の額は、どんな形で決まっているのだろう? 調べてみると、助成額は、日本オリンピック委員会(JOC)がオリンピックや世界選手権大会などの成績をベースに設定する「JOC強化指定選手」のランク、「エリートA・エリートB・ユースエリート」に対応しているようだ。

支給額は、「エリートA」が月額20万円、「エリートB」が月額10万円、「ユースエリートは」月額5万円となっている。実は今年8月までチーム競技の助成金額は最高でも一人あたり月額10万円だったが、なでしこジャパンの活躍により倍増され、個人競技と同額に引き上げられたのだ。

昨年10月の資料によると、強化指定選手の数は夏季競技で1306人、冬季競技で363人。この8月には、女子体操の田中理恵選手(日体大大学院)が「ユースエリート」から「エリートB」に昇格した、というニュースもあり、見直しも定期的に行われている。

一方で、個人に支給される助成金とは別に、JOCの強化費も、競技を支えている。五輪競技が「特A・A・B・C」の4段階、非五輪競技はその下の「D」とランク付けされており、支給額には大きな差が。2008年には「特A」扱いで年間7000万円の強化費が支給されていたソフトボールが、五輪競技から外れてしまったため「D」に格下げされ、翌年から300万~400万円に激減……というニュースも話題になった。

ちなみに、現在の特A競技は、柔道、水泳、レスリング、フィギュアスケートの4競技。サッカーはAランクに位置している。本年度のランクはすでに決まっているが、今後サッカーが、なでしこの活躍で特Aランクになることも考えられる。

文部科学省は9月、「スポーツ庁」の創設を発表。国を挙げて大々的にスポーツ振興に力を入れるという。オリンピック競技に限らず、マイナースポーツで頑張っている選手たちが競技に打ち込めるよう、バックアップを期待したいところだ。
(佐藤大智/blueprint)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト